WordPress記事投稿時にビジュアルエディタが表示されない場合の対処法

 

こんにちは、KOZINのショウタです。

今日はWordpress記事投稿時にビジュアルリッチエディタが表示されない場合の対処法についてご紹介します。

 

というのも、久々にこのKOZINブログの記事を投稿しようところ・・・

ふぁえwふぁ

あれ・・・、なんか足らないような・・・

farewfa

WordPressエディタプラグイン「TinyMCE Advanced」も入っているし・・・

その後、Wordpressバージョンアップしたり、他のプラグインの干渉が原因かと思って停止したりしてみたが結果効果はなく。

 

そして、いろいろ管理画面内の設定を調べてみると、今回ビジュアルリッチエディタが使えなくなっていたのは、

WordPressのバージョンアップに伴って(?)、「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックが入ってしまっていたことが原因でした。

 

ビジュアルリッチエディタが表示させる方法

 

ふぁえwふぁえ

「ユ―ザー」→「(ユーザー名)」をクリックしてください。

ふぁえわ

「ビジュアルリッチエディタを使用しない」にチェックが入っている場合は、チェックを外して更新してください。

ふぁえw

これで記事投稿時に、ビジュアルエディタが表示されるようになりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kozinブログの創設者。ここ数年間「お腹がすいた」という感覚が持てなくなっている身体に恐怖を感じている。好きな言葉は「Stay hungry(お腹を空かせた状態でいろ←間違えた「貪欲であれ(by Steve Jobs)」。ちなみに勝手に「Kozin社長」を名乗るが、Kozinは企業組織ではなく、ただのキャラであることは秘密。